地域連携パス
ホーム > 地域連携パス
「地域連携パス」について
 病診連携は、私たち医師会の大きな役割の一つです。従来、培われてきた個々の診療所と病院との連携ももちろん大事です。しかし、できれば飯田下伊那地域で健康に問題をお持ちの方々はこの地域内のどこの医療機関へおかかりでも連携によって同じような医療が受けられる、そんな連携を目指したいと思っています。
 今回、その一つの試みとして医師会を中心にいくつかの病気について地域連携パスを作成しました。
 地域連携パスといっても一般の方々にはすぐにご理解いただくのは難しいかもしれません。これは、病気をお持ちの方について、その病気の専門医とかかりつけ医とが診療情報を共有して一緒に診ていきましょうという仕組みです。
 それぞれの病気により連携の形が異なりますが、その病気に携わる医師にはこのような連携があることをまず知っていただきたい、そしてご参加いただきたいと考え、連携パスを医師会のホームページに乗せることに致しました。私たちが目指す連携には、医療機関の医師だけでなく関連するスタッフや地域の介護や福祉に関わる職種の方々との連携も大切ですので、この連携パスは医師会員以外の方々にも公開してご利用いただくことに致しました。
 不備な点などございましたらご意見を頂き、更に連携を深めることができればと願っています。
飯田医師会病診連携推進委員長
建石 徹
病診連携対象疾患一覧