地域連携パス
ホーム > 地域連携パス > がん
がん連携パスについて
 がんの地域連携クリティカルパス(以下、連携パス)とは、地域のかかりつけ医と病院の医師が、患者さんの治療計画及び経過を共有できる共同診療計画書のことです。

 がんは、手術などの治療後も再発の可能性があり、経過観察が必要です。しかし、再発の可能性が比較的小さい患者さんも多く、必ずしも手術等を行った病院でなければその後の診察ができないということではありません。効率的で質の高い、患者さん中心のがん診療を地域内で実現するには、患者さん個々の治療計画を早期に立て、地域内で共有し、役割分担に基づいた継続的な診療を進めていくことが求められます。
 患者さんにとって、病院への毎回の通院は、それ自体に時間がかかりますし、混雑時は外来待ち時間も大変長くなります。経済的負担も大きくなります。その一方で、かかりつけ医では、高血圧、糖尿病、その他慢性疾患で以前から定期的な通院治療を受けていたり、風邪などで日常的に受診しているという現状があります。こうしたことから、地域内の医療機関が連携してがん診療を行うことで、患者さんの負担は軽減され、医療機関も、その機能や役割に基づいた、質の高い安心・安全な医療を提供できるものと考えます。

 飯田医師会では、病診連携推進委員会を中心に、がん診療における連携パスの協議・検討を重ね、地域内の医療機関において共通して利用できるように、より実用的な「共同診療計画書」を策定しました。
 病院では手術等の急性期治療や放射線治療、定期的な精密検査などを担当し、かかりつけ医では、治療後の経過観察や投薬などの日常診療を担当しながら患者さんをフォローします。具体的には、医療者用パス(わたしのカルテ)と、患者さんが携行する手帳(南信州医療連携手帳)により、病院、かかりつけ医、患者さんが常に診療計画を確認しながら、患者さん中心の、安全・安心な切れ目のないがん診療を目指します。
 飯田医師会では、5大がん(胃がん、大腸がん、乳がん、肝がん、肺がん)の連携パスの整備改良を重ね、順次活用していく予定です。参加を希望される医療機関の登録を推進し、条件が整い次第、実際の運用を始めていきます。

 本主旨をご理解の上、連携パスにぜひご参加いただきますよう宜しくお願い申し上げます。パス(共同診療計画書)は下記一覧よりダウンロードできますのでご活用ください。その他の詳細は、飯田市立病院地域医療総合連携室までお問い合わせ下さい。(飯田市立病院 0265-21-1255)
(文責 飯田市立病院 院長 金子源吾)
ダウンロード